1. HOME
  2. チームを強くする
  3. 富士通フロンティアーズ 個の力の引き出し方(後編)
チームを強くする

富士通フロンティアーズ 個の力の引き出し方(後編)

チームを強くする

640

アメリカンフットボールの日本最高峰・Xリーグで史上初となる5連覇を目指す「富士通フロンティアーズ」。前編の「勝てるチーム作り」に続いてゼネラルマネジャーを務める常盤 真也氏に、「個の力の引き出し方」について伺いました。

本連載では、幅広い業界のリーダーに、「マネジメント」や「チーム作り」についてお話をお伺いし、これからマネジメントに携わる人たちに、明日から取り組めるヒントをお届けします。

■紹介文
常盤 真也
富士通株式会社 富士通アメリカンフットボール部
富士通フロンティアーズ ゼネラルマネジャー
中央大学時代にアメリカンフットボール部 ラクーンズでプレー。卒業後、富士通株式会社に入社。営業担当として通常業務を遂行しながら、富士通アメリカンフットボール部 富士通フロンティアーズにてプレイヤーとして活躍。選手引退後、中央大学アメリカンフットボール部 ラクーンズのコーチを経て、2014年より富士通フロンティアーズのゼネラルマネジャーに就任。

【富士通フロンティアーズ】
富士通グループのアメリカンフットボール経験者が集まり、同好会として発足。1985年、“アマチュアリズムで仕事もフットボールも日本一に”をスローガンに、日本アメリカンフットボール界の開拓者となることを誓い「FRONTIERS」と命名。創部3年目には社会人最高峰の1部リーグに昇格した。
2014年のシーズン創部30年目にして、6度目の出場となるJAPAN X BOWLで初めて勝利し、社会人日本一に。2019年シーズン、史上最多タイの4連覇を達成。2020年シーズンは前人未到の5連覇を目指す。

徹底したレビューで、個々の選手の力をチームの成果に

ーーアメリカンフットボールは、スポーツの中でも試合における戦略・戦術のインパクトが大きく、ポジションごとの役割が明確であるなどの特徴があるのではないかと勝手ながら感じています。その中で、選手の個々の特性を活かすこととのバランスはどのようにお考えでしょうか?

「『選手を活かすのか』、『戦略・戦術を優先するのか』というのに、正解はないと思います。仮にスーパープレイヤーの選手を活かすとしても、ケガなども想定されますから、バックアッププランは準備しておくものです」

「アメフトは、確かにポジションごとの役割が明確なスポーツですから、最近のビジネスでいう『ジョブ型』に近いかもしれませんね」

「だからこそ、選手の個性を引き出しながら、試合でしっかり活躍できる場面を作っていくようにしています。例えば、難しい局面で1ポイントを獲りたいときに試合に出場させる選手がいますが、その選手も当然、重要な選手の一人です」

「また、アメフトは、コーチ陣が選手のレビューをしっかりサポートします。プレーを動画で撮影して、動画を一緒に見ながらレビューしていく中で、強みや弱みを分析し、チームに貢献するには何をすべきかを明確にしていきます」

「こうしたレビューや面談を通じて、一人ひとりの選手の個性を引き出していくことが当たり前になっています」

ーービジネスにおいて上司と部下の関わりの中でも、部下に対するフィードバックの重要性が説かれています。個別のレビューを通じて大きく成長して行く選手にはどのような共通点があるのでしょうか?

「やはり、『真面目にコツコツ取り組むこと』と、『客観視ができること』ではないでしょうか。再現性を高めるのがスポーツですから、この2点は非常に重要だと思います」

「例えば、学生時代に素晴らしい成績を残したとしても、社会人リーグは水準が異なりますので、同じことをやっていても通用しません」

「しかし、どこかで成功体験があると指摘やアドバイスを自分事として捉えられないという人もいます。また、受け身な人もなかなか成長しないものです。当然、コーチやトレーナーは選手の個性を見極めて、その力を引き出し、盛り上げていこうとしているわけです」

「選手としては、自分の状態を客観的に把握しながら、コーチや周囲の助言を真摯に受け止めて、実際にそれに取り組むことで前に進み、結果的に成長することができると思います」

スポーツとビジネスのマネジメントは共通項が多い。違いは、前提

ーースポーツのマネジメントとビジネスのマネジメントの共通点と違いをどのようにお考えですか?

「スポーツで点を獲ることと同様にビジネスでも売上や何かしらの成果を出すことが求められますから、共通することは多いのではないでしょうか」

「私自身、富士通の営業担当をしていた経験からも、『メンバーを活かす』『働きやすい環境を作る』『いざとなったら、責任を取る』などスポーツもビジネスもマネジメントという観点では、似ている部分が多いと思います」

「でも、どうでしょうね・・・。スポーツの方がシンプルというか、ビジネスの方が前提としての難しさがあるかもしれません。スポーツでは、みんな『勝ちたい』という想いは根底で一緒ですよね」

「しかし、ビジネスの場合は、仕事に対して求めるものや、働き方に関する価値観などがメンバーによって、それぞれ異なります。職場では、何のために働くのか、何を達成するのかなどのベクトル合わせをより丁寧に進めていくことが求められるのではないでしょうか」

ーー最後に、前人未到の5連覇を目指す2020年シーズンへの意気込み・ファンの方へのメッセージをお願いします。

「Xリーグの5連覇に向けては、とにかく『歴史を変えたい』という想いで臨んでいます。コロナ禍で世界がシュリンクして縮こまっている状況ですが、その中だからこそ、富士通フロンティアーズが5連覇を成し遂げて、皆さんに勇気を届けられたら大変嬉しいです」

BELLWETHER

Bellwetherは、現場をなんとかしたいと思っているリーダーに向けて発信する、マネジメントメディアです。株式会社KAKEAIが運営しています。これから管理職に就こうとしているリーダーに、マネジメントとは何かを感じ取るための、様々な考え方や理論、組織を牽引するリーダーの考え方を幅広く紹介します。多様性を楽しみ、解なき複雑な時代に挑むリーダーを応援します。

アクセスランキング

運営会社